山口県の美術館・博物館・公共施設等の催事情報(随時更新)


※情報は随時更新していますのでこまめにチェックお願いします。
※すべてのイベントを記載しているわけではありませんのでご注意ください。
※詳しくは、各施設にお問い合わせください。
美術館・博物館情報

周南市美術博物館

0834-22-8880 MAP

【企画展】生誕100年 林忠彦展

開催中~12月24日(月・振)
林忠彦の生誕100年を記念する本展では、周南市美術博物館が収蔵する、18シリーズの中から厳選した作品約200点で、写真家・林忠彦の50年にわたる軌跡をたどります。
あわせて林忠彦の人生や作品を本展オリジナル映像で紹介します。
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)※12月21日は19:30まで(入館は19:00まで)
観覧料:無料
休館日:月曜日(12月24日は開館)
 

防府市地域交流センター アスピラート

0835-26-5151 MAP

山下清展~山下清とその仲間たち

開催中~11月11日(日)
日本を代表する画家・山下清の八幡学園入園当時の作品から画家として最も脂ののっている時代の作品まで、貼絵を中心に油絵、鉛筆画など多岐にわたる清の画業を紹介します。
開館時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料:一般650円(600円) 高校生以下無料

防府市青少年科学館 ソラール

0835-26-5050 MAP

ネイチャーテクノロジー展 自然のミカタ×未来のミカタ

開催中~12月2日(日)
開館20周年記念企画展。ネイチャー(自然)に学んだすごいテクノロジー(技術)をテーマに、無駄や無理のない自然をお手本にした、暮らしや環境に優しく快適なものづくりを大公開。
開館時間:9:30~17:00(入場は16:30まで)
観覧料:子ども(小・中学生)200円/大人(高校生以上)500円
休館日:月曜日

山頭火ふるさと館

0835-28-3107 MAP

企画展「常識を打ち砕け!自由への誘い ~自由律という名のルール~」

開催中~12月2日(日)
今回の企画展では、明治期に確立した近代の定型俳句から自由を求めて、「自由律俳句」が確立されていった時代の作品を展示します。
初めて定型俳句の制約を破った「新傾向俳句」の時代と、雑誌『層雲』が中心となってさらなる自由を求めた時代に分け、それぞれの時代で山頭火や同時代の俳人が作った新しい形の俳句や、新しい俳句論などをご紹介します。
開館時間:10:00~18:00
観覧料:大人300(200)円/小・中・高校生150(100)円/
※( )内は20名以上の団体料金。
休館日:火曜日

山口県立美術館

083-925-7788 MAP

【特別展】雲谷等顔 雪舟を継いだ男

開催中~12月9日(日)
雪舟の後継者として水墨画に本領を発揮した雲谷等顔(1547-1618)の没後400年となる今年、大回顧展を開催します。墨を極め、その魅力を知り尽くした等顔が繰り出す表現は幅広く、とくに山水画のジャンルにおいて到達した境地は、桃山時代随一と言っても過言ではありません。
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
観覧料:一般1300円(1100円)/シニア(70歳以上)・学生1100円(900円)
※18歳以下無料。
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
休館日:月曜日※11月5日、12月3日は開館

山口県立山口博物館

083-922-0294 MAP

【テーマ展】明治150年記念テーマ展「山口県指定文化財 吉田松陰関係資料」

開催中~12月24日(月)
吉田松陰の奇蹟を文書や肖像画などの資料でたどるテーマ展。博物館が所蔵する資料と県文書館が所蔵する関係資料の中から厳選した54点を8回に分けて展示。
開館時間:9:30~16:30(入館は16:00まで)
観覧料:一般150円/学生100円
休館日:月曜日

山口情報芸術センター[YCAM]

083-901-2222 MAP

呼吸する地図たち

12月15日(土)〜2019年3月3日(日)
マレーシアを拠点に活躍する演出家のマーク・テを共同キュレーターに迎え開催。「地図」と「地図」の間にある社会の変容を読み解き、人間のアクチュアルな身体的活動の集積から形づくられる「生きた地理的身体」を探求する。展覧会では、東南アジアと日本のアーティストやリサーチャーたちが、それぞれの視点から幅広い社会的事象を捉え、自身の言葉によって語るレクチャーやレクチャー・パフォーマンス作品を12週にわたり開催するほか、インスタレーション作品も公開。
開館時間:10:00~18:00
入場料:無料
休館日:火曜日
  

下関市立美術館

083-245-4131 MAP

※施設改修工事のため11月1日(木)~11月30日(金)まで休館いたします。

“わたしの美術館”プロジェクト あなたの美術館をみつけよう!

12月1日(土)~2019年1月27日(日)
町と人、コレクターとそのコレクション、そして美術館との関わりをめぐって、下関と美術館の足跡をふり返ります。
下関市立美術館が所蔵する古代の美術・工芸品のほか、梅原龍三郎《裸婦・鏡》(1928年)や、岡鹿之助《遊蝶花》(1951年)など、下関市ゆかりのコレクターによる収集を経て、下関市立美術館が所蔵することとなった名作の数々をご紹介します。
 
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
観覧料:無料一般200(160)円/大学生100(80)円
※( )内は20名以上の団体料金。
※所蔵品展は18歳以下、70歳以上の方などの観覧料免除、その他 料金免除あり

休館日:月曜日(12月24日は開館)、年末年始(12/28~1/4)

香月泰男美術館

0837-43-2500 MAP

【企画展】風景のまなざし-スペイン編-

開催中~2019年1月31日(木)
本展では、香月泰男の描いたスペイン、モロッコの作品を7年ぶりに紹介します。1956年10月、香月は初めてヨーロッパを訪れます。約半年間の遊学では、フランスを拠点にスペイン、ポルトガル、イタリア、スイスを巡り、油彩とともに400点を超える着彩スケッチを残しました。また、晩年の1972年に もスペイン、モロッコを旅しています。香月の足跡をたどりながら、しばし旅の気分をお愉しみください。
観覧料:一般500(400)円/小・中高生200(150)円/小・中学生100(80)円
※( )内は20名以上の団体料金。
※未就学児無料、その他料金免除あり。
休館日:月曜日※祝日を除く

山口県立萩美術館・浦上記念館

0838-24-2400 MAP

設備改修工事のため休館中です

11月26日(月)~2019年3月31日(日)

萩博物館

0838-25-6447 MAP

萩博 美のイッピン!(第2期)

12月8日(土)~2019年3月3日(日)
4月に開催した展示の第2弾。新収蔵庫の完成を記念し、収蔵されてきた膨大な資料の中から「美」をテーマとして、様々なイッピンを紹介します。
【前期】12月8日(土)~2019年1月22日(火)
【後期】2019年1月26日(土)~3月3日(日)
開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
観覧料:大人510(410)円/高校・大学生310(240)円/小・中学生100(80)円
70歳以上及び18歳以下の方:無料
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者割引:20%
休館日:1月23日(水)~25日(金)

島根県立石見美術館 グラントワ

0856-31-1860 MAP

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

12月1日(土)~2019年1月28日(月)
水木プロダクションの全面的な協力のもと、人間・水木しげるが遺したものを徹底的に振り返ります。少年期の習作、戦地で描いたスケッチ、貸本時代からの貴重な漫画や妖怪画の原稿など、卓越した画力とメッセージ性がうかがえる作品の数々に加え、エッセイ原稿や妖怪・精霊像コレクション、私物など合計約390点を展示します。
開館時間:10:00~18:30(入場は18:00まで)
観覧料:一般1,000(800)円/大学生600(450)円/小中高生300(250)円
※( )内は20名以上の団体料金。
休館日:火曜日、12月28日~1月1日
その他公共・文化施設での催し物

宇部市文化会館 展示室等関係

0836-31-7373

11月10日(土)・11日(日)

宇部市芸術祭「古典園芸展」

第3展示室
10日 9:00~17:00
11日 9:00~16:00
宇部市・宇部文化連盟
11月22日(木)~25日(日)

郷土出身日本画家
松林桂月・西野新川特別展

第1展示室
22日 12:00~17:00
23日・24日 10:00~18:00
25日 10:00~16:00
宇部市・宇部文化連盟 
11月22日(木)~25日(日)

文明開化の浮世絵と草莽崛起の志士の遺作展

第2展示室
9:00~17:00
宇部浮世絵クラブ 
11月23日(金・祝)~25日(日)

えんぴつ・ペン画スケッチノート原画展
お話いっぱい旅個展

23日 12:00~18:00
24・25日 10:00~18:00
原画展実行委員会
岡本さん