七五三前写しご予約承ります!!
撮影時の衣裳・着付・ヘアメイク無料。普段着のままご来店ください。
新作衣裳が
たくさん!!
七五三豆知識 知っておきたいお祝いの知識
●七五三とは・・・
3歳、5歳、7歳は子供の厄年といわれ、また成長の節目にあたることから、七五三のお祝いは、厄ばらいとともに、成長を感謝し将来の幸せを祈る行事としてひろまりました。現在のように一般化したのは、明治以降のことです。
●数え年か、満年齢か?
昔からの習慣では、数え年で祝うのがしきたりです。しかし現在では満年齢で祝うケースも多く、どちらでも構いません。
●お参りするところは?
地元の氏神様にお参りするのが本筋ですが、近くの神社でも構いませんし、有名な神社に参拝することも多くなっています。
●お参りのしかた
近所の神社にお参りするときは、あらかじめ七五三のお祝いであることを連絡しておけば、特別な参拝をさせてもらえます。また有名な神社では、15日前後の休日に神社が七五三用の参拝を準備しています。神社へのお礼としては、のし付の赤白の水引きのかかった金封に「初穂料」と肩書きをして納めます。
●11月15日が都合の悪いとき
神社への参拝は、11月15日にこだわらず、前後の休日などでも構いません。また祖父母、お仲人さんなどにお子様の晴れ姿を見てもらいたい場合など、お互いの都合のよい日に子供連れでお訪ねするのがよいでしょう。
●お母さまの衣裳
七五三の主役はあくまでもお子様だということをお忘れなく。あまり派手でなく、品格のあるもの、例えば色無地、又はつけさげ、小紋などがよいでしょう。
●ご家庭のお祝い
お参りのあとは、ご家庭でお赤飯を炊き、身内でお祝いをします。お子様の好物料理やお菓子など、子供中心の楽しい会食にしたいものです。
かわいくば 七つ教えて 五つ褒め 三つ叱って よき人にせよ