やまぐちを元気にするオンラインマガジン

思いを出せてこそ思い出

2021.04.16

※2021年04月16日に修正・更新した記事です。 お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報を確認してお出かけください。

※新型コロナウイルスの影響で休業・営業時間が短縮されている場合があります。お出かけの際はお店の公式サイトやSNSなどで最新の情報をご確認ください。

◆思い出は風化する
 先日、もうすぐ10歳の娘と一緒に「思い出」の整理をしました。0歳の時から年に1度は見直してきましたが、10年分ともなると量もそれなりに増えてきました。
 娘には、小さい頃から【出てなくていいけど取っておきたい物⇒思い出BOX】と伝えているので、彼女も幼いながら「これは取っておいて」「これは捨てていい」とジャッジができるまでに育ってくれました。そんな彼女とひとつずつ懐かしみながら見ていると、「これは…もういいや」と、ちょっと前までは「絶対取っておく!」と言っていた物も手放していました。

◆思いは出せてこそ思い出
 思い出の物って、『手放したら二度と手に入らない』という思いが強いため、なかなか手放せずに何でもかんでも取っておくという方が多いかもしれません。けれど、思い出は「思いを出す」と書きます。思い出したい時に取り出せて、その時に懐かしい思いを出せてこそ思い出なのです。娘の思い出は、今のところ少し大きめの箱1つと半。ちなみに私の思い出は、49年分で写真を含めて箱1つです。

◆思いは出し切らないと消化できない
 「思い出は捨てない!」ではなくて、どうやったら「思いを出せる」かという視点で、持つ量や持ち方を見直してみてはいかがですか?年に1回、家族で一緒に見直しながら懐かしむのもいいかもしれませんね。思いは出しきらないと消化できないそうです。自分の思い出や思いを誰かに伝えきる事で初めて手放せるのかもしれません。そう言えば、クライアント様もさんざん語った後に「要らない」って言われます(笑)

■information
1日で資格まで取れる整理収納講座
「整理収納アドバイザー2級」 認定講座
【日時】5月19日(土)、6月18日(金)、7月17日(土) 10:00〜17:00 
【会場】オンライン(ZOOM)
【受講料】24,700円(テキスト代・登録料・税込)
【お問い合わせ】お電話、またはホームページよりお問い合わせ下さい。
★こんな方にオススメです!!★
・自宅や職場を片づけたいけど、どこから手をつけたら良いか分からない
・いつもいつも探し物をしている
・何度片づけてもすぐにリバウンドしてしまう
・片づけは得意だけど、もっとスキルアップしたい
・資格を仕事に活かしたい(特に住宅関係の方)

◆整理収納アドバイザーとは…
私たち日本人は整理が苦手だといわれています。それは整理をする必要のないシンプルな暮らしを送ってきたからだと思います。
けれど現代、私たちの家庭や職場にはモノが溢れています。「整理収納アドバイザー2級認定講座」とは、私たちとモノとの関わり方を始めとする、整理収納アドバイザーが持つノウハウを1日で学べる講座です。

【お申し込み・お問い合わせはこちら】
090-8877-7355 (9:00〜21:00)
http://katazukepanda.jp

" 片づけパンダのマブリーライフ"の他の記事
最新記事