▼27日に唐津商招く 宇部鴻城、慶進が対戦

   県高野連主催の高校招待試合は27日、宇部市野球場「ユーピーアールスタジアム」で開かれる。夏の甲子園に5回出場している九州の強豪、唐津商(佐賀)を招き、宇部鴻城と慶進がそれぞれ対戦する。雨天中止。入場無料。
 地元チームのレベルアップを目的に始まった取り組みは、今年で3回目を迎える。午前10時からの第1試合で宇部鴻城、午後1時半からの第2試合で慶進が、唐津商と対戦する。
 (5月20日 サンデーワイド掲載)


▼20、21日にスプリングフェア ガーデン&エクステリアプラザ四季

 POLAエステイン凛(宇部市上宇部ひらき台1−18−12)は透明感のある美しい肌を目指す「ホワイトショット」シリーズの取り扱いを開始。それに伴い23から30日まで、同商品を使用した体験エステを実施する。料金は3000円(税別)。
 体験エステで使用するのは、美白マスク「ホワイトショットQX」。同商品はメラニンの分布を均一化し、色ムラのない肌をつくる「スライドクリア機能」や、肌が自ら白くなろうとする「セルフクリア機能」などを持つ。
 施術の流れはカウンセリング、クレンジング、洗顔、スチーム、手技マッサージ、角栓除去、リンパマッサージ、フォトパットタッピング、美白シートの順。美白シートは、特に気になる4カ所にフィルム状美容液を貼付。その上に美容液1本分をぜいたくに含んだ美白シートマスクを乗せ、顔に浸透させる。
 同店では、期間中に予約をした人を対象に、飲む美白美容液「インナーロックリキッドIX」を1本進呈。背中のニキビや日焼け痕などに悩む人にお薦め。この他、日中ストレスから肌を守る美白ジェルクリームや、体の内側からアプローチするサプリメントなどもある。問い合わせは同店所長の石本さん(電話090-7121-7576)へ。

 (5月20日 サンデーワイド掲載)


▼19〜21日、アウトレットセール チャイルドハウスぱれっと小野田店

 ベビー・キッズの子供服専門店チャイルドハウスぱれっと小野田店は19〜21日、おのだサンパーク1階セントラルコートで、アウトレットセールを開催。買い得商品を豊富に用意する。
 同セールでは、対象商品を30〜50%引きで販売。セール対象の主なブランドは、MIKI HOUSE、CHOCOLA、Seraph、HEADROCK、Si・Shu・Nonなど。会場には大好評の均一価格コーナーも用意。1080円・1296円均一の商品を数多くそろえる。
 26〜28日は、サンパークあじす1階サンコートでもアウトレットセールを行う。取り扱いブランドは店舗により異なる。
 問い合わせは小野田店(電話0836-83-1484)へ。
 (5月19日 サンデーうべ掲載)


▼20、21日にスプリングフェア ガーデン&エクステリアプラザ四季

  豊富な施工実績とデザイン力に定評のある、ガーデン&エクステリアプラザ四季(西日本住宅企業造園部、宇部市妻崎開作222―3)は20、21の両日、毎年恒例春の大感謝祭を「スプリングフェア」と名前を変更し開催する。会場ではガーデングッズや花苗などを特価で販売する他、エクステリアやリフォームの無料相談会、各種体験教室もある。時間は午前10時〜午後5時。
 エクステリア無料相談会は、安らぎを演出する空間づくりを提案。家の図面を持参すると、パソコンソフトを利用してプランニングをする。6月末までの契約者を対象にしたキャンペーンを実施しており、表札やポスト、カーポートなどを進呈する(工事費は別途)。
 同時開催するリフォーム相談会は、住宅のプロが対応。トイレやキッチンの水回り、太陽光発電などの相談も受け付ける。
 また、おしゃれなガーデングッズがそろう「エクシスランド」の商品サンプル展示も実施。気になっていた商品を、実際に手に取って見ることができる。
 期間中は午前と午後の2部制で体験教室を開催。色のついた砂を何層にも重ねて色鮮やかな模様を作る「サンドアレンジ」は、午前11時からで定員は10人。参加料500円。門扉や壁などに飾る「ハンキング・バスケットの寄せ植え」は、午後2時からで定員は8人。参加料1000円。定員を超えた場合は抽選。午前の部は10時半から、午後の部は1時半から抽選を行う。予約は受け付けない。
 また、山口市で人気のハンバーガーショップ「Bull’s・cafe」が20日限定で出店。最新機器の実演、体験ができる「炎の達人号」は21日に来場する。
 問い合わせは、同店(フリーダイヤル0120-41-2410)へ。
 (5月19日 サンデーうべ掲載)


▼秋冬のサロンショー「サガズ」最新作発表 はなや、20日に2回

 はなや(宇部市新天町2−5−18)は20日、同店2階サロンで「秋冬のサロンショー」を開く。午後2時からと同6時半からの2回。入場無料。各回先着30人につき、予約は早めに。
 毎シーズン恒例のショーで、全国の有名ブティックで販売している同社オリジナルブランド・サガズの最新作を発表。信頼のおける日本の生地メーカーの協力のもと、デザイン、パターン、縫製すべてを一貫して自社で作り上げる、上田純子デザイナーの最新秋冬ファッションをいち早く堪能できる。
 同店の洋服は、素材からオリジナルでデザインし、着心地、納期、スピーディーな対応で、全国のショップでも評判が高い。今回は同店オリジナルプリントのレオパード柄を用いたコートやジャケット、スカートなどがそろう。このほか、特殊なTPSミシンを使用し、縫い代を完全に取り除いた縫製技術で、すっきりと軽やかに美しいシルエットのワンピースなど、お勧めの作品を豊富に用意している。
 「初めての方もお気軽にどうぞ。ショーの後は、上田デザイナーのプライベートサロンでフリードリンクを飲みながら、おしゃべりをお楽しみください」と同店。
 21日から28日までは、お得な予約受注会もある。
 問い合わせは、同店(電話0836-21-1989、33-8789)へ。
 (5月17日 サンデーうべ掲載)


▼SLときわ号 復活の写真展 石炭記念館で企画展

 常盤公園のせきたん記念館で、企画展「よみがえる蒸気機関車−D5118号の軌跡」が開かれている。D51(デゴイチ)が同園に保存された経緯や、蒸気機関車の歴史、宇部市を中心とした鉄道史を写真とパネルで紹介している。6月5日まで。
 ときわ号の愛称で親しまれる同車体は、1936年に大阪で製造され、主に石灰石を乗せた貨物運送列車として門司や熊本、厚狭などで活躍。72年に現役を引退し、翌年、同園に設置された。
 昨年、地元有志で結成された「D5118きれいプロジェクト」が修復作業に当たり、延べ653人の手で雄姿が復活した。メンバーの藤永徹也さんは長年、ときわ号を写真に収めてきた。今回の展示では、藤永さんが撮影した車体の輸送、設置作業の白黒写真や、さび落としや塗装するボランティアの様子などの写真が25点並ぶ。
 入場無料。開館時間は9時半〜午後5時で、毎週火曜休館。
 (5月17日 サンデーうべ掲載)


▼2017年2月10号「とり特集:酉年にちなんで、各店自慢の鶏料理をご紹介!!」

   

※クリックするとpdfファイルが開きます。


   
 (2月10日 サンデーうべ掲載)